MENU

「クリアネオ」と「効かない制汗剤」の違いとは?

汗のニオイを気にして1日に何度も制汗スプレーを使っているのに全然効果が無いと言う方が結構いらっしゃいます。
そういった方でも、「クリアネオ」を試してみたら良かった、という話を聞き、その違いを調べてみました。

 

 

原因は肌への刺激

 

汗のニオイを抑えるための香料や、制汗のための「塩化アルミニウム」や「アルコール」など、肌に強い刺激を与えてしまう成分が含まれていると、その刺激でお肌は乾燥してしまいます。
お肌は乾燥してしまうと潤いが必要になり、余計に汗を出してしまうのだそうです。

 

制汗剤は汗を抑えるのに一番お手軽ですが、どんな成分が含まれているのか、よく確認する必要があります。

 

 

 

汗とニオイを効果的に抑えるには

 

刺激のある制汗成分が含まれていないことと、ニオイを抑えるための殺菌成分が含まれていることに加え、お肌の乾燥を防ぐための保湿成分も含まれていると尚良いです。

 

 

 

汗とニオイを効果的に抑える「クリアネオ」

 

クリアネオ」はお肌への刺激を出来る限り抑えるため、無香料・無添加です。
着色料鉱物油石油系界面活性剤パラペンオイル紫外線吸収剤などは一切入っておりません。

 

金属アレルギーやアルコールアレルギーの方にも安心してお使い頂けるよう、パッチテスト済みです。
お肌を刺激し乾燥させてしまうというようなことは無いので、乾燥を原因とした発汗の心配はいりません。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛」が汗を抑え、「イソプロピルメチルフェノール」が原因菌を殺菌するので、汗とニオイの両方を抑えることが出来ます。
更に7種の天然植物エキスも配合されており、お肌をしっかり守ります。

 

 

 

制汗剤を効果的に使うには

 

制汗剤は、起床後や外出前だけに使うと言う方が多いと思います。
しかし、それでは効果が半減してしまいます。

 

寝ている間でも汗は出ますし、菌も繁殖してしまいます。
制汗剤を効果的に使うには、お風呂に入った後の綺麗な状態のお肌に使うのが一番です。
特にニオイが気になるという方は、寝る前にも「クリアネオ」を使ってみて下さいね。